人気のコラーゲンの口コミまとめサイト

飲むならコレ!口コミで人気のコラーゲンサプリランキング

HOME » 効果的に摂るには?コラーゲンサプリ初級ガイド » コラーゲンの種類に違いはある?

コラーゲンの種類に違いはある?

コラーゲンのサプリメントを選ぶとき、“フィッシュコラーゲン”や“マリンコラーゲン”、“豚皮コラーゲン”などの表記を目にしたことはありませんか?

コラーゲンと一口に言っても、抽出する原料による違い、高分子・低分子といった加工の方法による違いがあるようです。コラーゲンの種類の違いについて解説してみましょう。

魚由来、牛由来、豚由来…どれがホントはいいの?

コラーゲン関連の商品の原材料名を見ると、コラーゲンの後にカッコ書きで“豚皮由来”や“魚由来”といった文字を目にすることがあります。これは、コラーゲンをどの原料から抽出しているのかを表しているのですが、原料の違いによってコラーゲンにどのような差があるのでしょうか。

実は、原料の違いによるコラーゲンの良し悪しは、ほとんど差がないと考えていいようです。『フィッシュコラーゲンは体への吸収がいい!』といった宣伝文句もよく見られますが、これにもあまり根拠がないとか。

ただ、豚皮は人間の皮膚の代用としてヤケドの治療に使われることがあるそうで、豚が人間の体に馴染みやすいアミノ酸組成を持っていることは分かっています。

選ぶなら、豚皮由来のコラーゲンが一番良いかもしれません。

低分子と高分子、どっちのコラーゲンが効く?

最近のコラーゲンブームに乗った商品の中には、“低分子コラーゲン”を謳ったものが多いように感じます。低分子のコラーゲンとは、コラーゲンが持つアミノ酸組成を分解し、体に吸収されやすいよう細かく粉砕処理されたコラーゲンのこと。低分子コラーゲンの方が、素早く体に吸収されるので、効果が高いと考えられているわけです。

しかし、低分子コラーゲンでなければ体に効果をもたらさないのかというと、必ずしもそうではありません。コラーゲンの中には、低分子に対して、高分子のものも存在しています。高分子コラーゲンとはどのようなものなのでしょうか?

体内の免疫力やコラーゲンの再生力を高める”高分子”

高分子コラーゲンは、コラーゲンが本来持っているアミノ酸組成をそのまま活かしているもので、体内の免疫力やコラーゲンの再生力を高めると言われています。体内に取り込むと、大きな分子のまま一部が消化されず、腸からそのままの形で吸収されます。

体内の免疫システムが、これを異種のタンパク質と認識して活性化し、免疫力が高まると言われているのです。

また、高分子コラーゲンは、体内でコラーゲンを作り出す細胞を活性化させる効果もあると言われていて、低分子コラーゲンにはこの効果はありません。

低分子と高分子では、効果やメリットに差があり、どちらが優れていると言い切ることはできませんね。いうなれば、“素早くパッと効く低分子”と、“ゆっくり長く効く高分子”といったところでしょうか。

ですから、それぞれ一方だけを摂取するのではなく、両方を取り入れることができるサプリメントを選ぶことが一番の得策だと思います。

 
人気のコラーゲンの口コミまとめサイト